スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リプレイ+幻想郷の一日 ~日照の行方は~ (第二話)

2000カウントを達成したので、一応!2000記念品?←ここから何かをDL?してください^^
中身は小説とreplay(リプレイ)ファイルです。(緋想天の)

では、ここから先は小説です^^




物語の登場人物
【主人公組】
博麗霊夢:【空を飛ぶ程度の能力】種族:【人間】
いつも事件に巻き込まれたり妖怪になぜか好かれたりする体質の巫女さん。
------------------------------------------------------------------------------
霧雨魔理沙:【魔法を使う程度の能力】種族;【人間】
時頼霊夢とともに行動したりいろいろな面で活発的に行動したりする。
普段は迷いの森のキノコなどを採取して生活している。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【紅魔館組】
レミリア・スカーレット:【運命を操る程度の能力】種族:【吸血鬼】
吸血鬼であり、少なくとも500年は生きているというが、見た目はどうしても500歳には見えない。
メイドである昨夜や親友のパチュリー、妹のフランなどと生活している。
------------------------------------------------------------------------------
十六夜咲夜:【時間を操る程度の能力】種族:【人間】
紅魔館の主であるレミリア・スカーレットに従うメイド。
時間を操ることができ、そのせいか時空まで操ることができるので紅魔館内の時空を操り外見より紅魔館内部のほうが広い。
------------------------------------------------------------------------------
紅 美鈴:【気を使う程度の能力】種族:【妖怪】
紅魔館の門番。
道案内役になったり、名前を忘れられたり・・・(中国☆中国☆
人間に見えるが、一応妖怪である。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【無所属?】
チルノ【冷気を操る程度の能力】種族:【妖精】
紅魔館付近にある湖に住んでいる妖精。
氷の妖精であるので、氷精でも間違えていないかと思われる。
他の妖精に比べて、力を持つ妖精である。
強い力を持っていても、⑨じゃ、しょうがないよね!(アタイバカじゃないもん!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
幻想郷の一日 第2話 ~日照の行方は~

あらすじ?
紅魔館では、日照続きの異常な気象を異変と感じたレミリアは、咲夜に霊夢を呼んでくるように指示した。
そして、霊夢はこの日照り続きに妙な違和感を感じていた・・・。


レミリア「じゃ、咲夜行ってきてね。」
咲夜「では、行ってまいりますお嬢様。」
美鈴「咲夜さん、いってらっしゃい。」
咲夜「あら、美鈴 私が留守の間紅魔館を頼んだわよ。」
美鈴「わかりました。」

同時刻博霊神社にて。

霊夢「んー暑いわね・・・」
魔理沙「よし!霊夢、チルノでも捕まえてきたらどうだ?」
霊夢「それも良いわね。」
魔理沙「私は暑いから、待ってるぜ。」
霊夢「あんたも手伝いなさいよ!」
魔理沙「普通に行かなくても飛べばいいだろ。」
霊夢「それもそうね・・・」
魔理沙(ふー、何とかなったぜ)
霊夢「それじゃ、ちょっとチルノでも捕まえてくることにするわ。」
魔理沙「いってらしゃーい。」

約10分後
紅魔館付近の湖にて。

霊夢「ふぅ、やっと着いたわね、この辺にいてると思うんだけど・・・」
チルノ「アツイ!」
霊夢「あ、居た居た、チルノ、アメあげるから神社まで来てくれない?」
チルノ「えー、暑いからヤダ。」
霊夢「あんた、⑨(バカ)ね、神社の中だと涼しいじゃない(私たちはそれでも暑いけど・・・)」
IMGのコピー
チルノ「アタイ、⑨じゃないもん!」


霊夢(⑨に反応したか・・・)
霊夢「とりあえず、ここにいてるより私の神社にいてる方が、涼しいわよ?」
チルノ「うーん、それならいっか。」
霊夢(よしっ!乗った!と、言うかもう⑨って言ったこと忘れてるっぽいわね・・・)

そして10分後
博霊神社。

霊夢「魔理沙~、チルノ連れてきたわよ。」
魔理沙「おう、霊夢戻ってきたか。」
咲夜「霊夢、待っていたわ。」
霊夢「あら、咲夜居たの?」
魔理沙「あぁ、霊夢がチルノを捕まえに行ってすぐ、咲夜が来たんだ。」
霊夢「へぇ、そうなの。 で、何か用かしら?」
咲夜「えぇ、お嬢様に霊夢を連れてくるようにと。」
霊夢「なんで私なのよ。 それに、何で私が行かなければいけないのよ。」
咲夜「いつもの様な天候なら大丈夫ですが、お嬢様を、このような雲一つ無い天候の時に連れて来る訳にはいかないので。」
魔理沙「だったらパチュリーとかも居てるじゃないか。」
咲夜「パチュリー様は図書館の中で、今回の異常について調査を行われております。」
魔理沙「だったら、私も図書館へ行こうか。」
咲夜「あなたが図書館に来るとパチュリー様の邪魔になるので来ないでください。」
魔理沙「ちぇ、パチュリーが忙しいスキに本をちょちょいっとと、思ったんだが。」
咲夜「どうせそんな事だろうと思ってました。」
霊夢「で、とりあえず、私が紅魔館に行けばいいのね?」
咲夜「はい。」
魔理沙「霊夢?どうしたんだ急に?紅魔館に行くなんて。」
霊夢「(魔理沙、紅魔館ならここより涼しいでしょ?)」
魔理沙「(なるほど、それはそうだな。)」
咲夜「何を2人でひそひそと?」

同時に
霊夢「いや、何でもないわ。」
魔理沙「いや、何でもないぜ。」

約20分後
霊夢「レミリア~。」
レミリア「霊夢、やっぱり来てくれたのね。」
霊夢「来てくれたのね、じゃなくて、用事は何よ?」
レミリア「今回のこの日照り続き、あなたが解決しなさい!」
霊夢「なんでいきなり私なのよ、咲夜がいてるじゃない。」
レミリア「フランがこの、日照り続きの時に外に出ないように見張りも兼ねて、フランに付くように言ってあるのよ。」
霊夢「ふーん、妹思いなのね。」
レミリア「別にそんな訳じゃないわ。」
霊夢「じゃあ、どういう訳よ?」
レミリア「いきなり外に出て、日に焼かれて死なれたら困るもの。  い、一応かけがえのない妹だもの・・・」
霊夢「やっぱり、妹を思ってのことじゃない。」
レミリア「と、とりあえず、そんな事はどうでも良いわ。 そういう訳だから異変の解決頼んだわよ。」
霊夢「しょうがないわね、その代りこの異変が片付いたら、報酬はもらうわよ。」
レミリア「えぇ、もちろん。」

こうして、霊夢は、レミリアから報酬をもらうことを条件に、この異変を解決することにした。
異変を起こしているのは誰か・・・異変の原因は何かを突き止めるために霊夢は聞き込みを始めることに・・・。

次回 幻想郷の一日 ~日照の原因の追及~



次:三話→ 第三話

テーマ : 東方Project
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ヒロも小説かくのかwww
しかも僕よりうまいし(*´д`*)

なんとなくちょっとアドバイス

ちゃんと感情模写いれたほうがいいよ(無理言うな

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Tenco!レート
プロフィール
東方非想天則:ハード当たり
るぅみあで活動中
REDSTONE:赤鯖
マビノギ   :トリアナ
ラテール   :サファイア
PSO2    :ship5
で活動中です。

るぅ

Author:るぅ
特に・・・

今まで幻想郷に迷い込んだ方々
今幻想郷に迷い込んでいる人数
現在幻想郷にいてる人数
検索フォーム
最新コメント
見たい年をクリック
最新記事
カテゴリ
ゆうかりん時計
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
絵(仮)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
幻想郷の一日
全ての記事を表示

全ての記事を表示する

リンク
相互リンク先
ぴたぴたの日常3
ゆきのべる。の部屋(仮)

Y.A様 日常日記。 ZERO様

京國堂

ж遠き日の幻想郷ж

狐の落書き帳

げいむ研究会

管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。